【プロレスコラム】「好漢KAIの地道な活動」

【プロレスコラム】「好漢KAIの地道な活動」

KAIENTAI−DOJOが2AWに生まれ変わり、新たなスタートを切った。地域密着を目指していくのは変わらない。「千葉密着・発信型プロレス」として、千葉県内に元気を発信し、千葉県の元気を日本中に、いや世界に広げていくという。

プロ野球やJリーグ、Bリーグら、他のプロスポーツとのコラボにもより一層、力を入れていく方針を打ち出している。千葉は人気の高い強豪チームが多く、2AWの今後が楽しみになっている。

2AWのように、地元との連携を打ち出しているプロレス団体も多いが、選手個人で地元への恩返しを目指しているのがKAIである。

神奈川県横浜市出身のKAIは、横浜市の保土ヶ谷区、神奈川区、中区などでチャリティ大会を開催している。先日も通算5回目となる「第2回横浜こどもホスピス チャリティープロレス大会」のゴングを、横浜ラジアントホールで鳴らしている。

会場には、こどもホスピスの開設に尽力する医師など関係者も集まり、来場者にチャリティの意義を説明し、協力を募っていた。

大会運営の先頭に立つKAIも「近日中にオープンできそうですが、開設後の運営にも多くの資金が必要になる。皆さんのご協力が不可欠なんです」と、熱く訴える。

生まれ育った横浜の街が好きで「少しでも恩返ししたい」というKAIは「そして、プロレスにも恩返ししたい」と続けた。

プロレスのイメージアップのためにも社会貢献に役立ちたいというKAIをサポートしてくれる人たちが、たくさんいる。好漢・KAIのリング上のファイトに加えて、リング外の活動にも期待したい。

プロレスTODAY編集長
柴田 惣一


関連記事

おすすめ情報

プロレスTODAYの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索