【W-1】「お客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたい」 稲葉、T-Hawkを前に静かに闘志!

【W-1】「お客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたい」 稲葉、T-Hawkを前に静かに闘志!

7月19日(金)、都内・GSPメディアセンターにて、W-1が記者会見を実施。9月1日(日)の『2019プロレスLOVE in YOKOHAMA』のメインイベントでW-1チャンピオンシップを闘う王者・T-Hawkと挑戦者・稲葉大樹が出席。それぞれ意気込みを述べた。

昨日の新木場大会で前哨戦を闘った2人だが、その試合が初対決。試合はT-Hawkが土肥孝司からフォールを奪い、チャンピオンとしての力を見せつけた。

会見でもT-Hawkに「レスラーにしては人が良すぎる。今の段階のイメージでは僕に(気持ちが)届いてない」と言われた稲葉。

しかし、「足りてないって言うんだったら、もっともっと上げていきます」と静かに闘志を燃やすと、「お客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたい」とベルトを獲った後のビジョンを語っていた。


【選手コメント】

稲葉大樹のコメント

「『W-1 GP』優勝して横浜文体のメインでT-Hawk選手とのタイトルマッチ決まりました。ベルトを獲り返すのはもちろんですけど、それ以上にT-Hawk選手との試合を楽しみたいというか、自分自身がT-Hawk選手とのシングルマッチが凄い楽しみです。最後勝ってベルトは獲り返します」

 
T-Hawkのコメント

「僕、個人としては今年の頭にこのベルトを獲って3回目の防衛戦ですけど、やっぱりW-1最大のビッグマッチのメインイベントで稲葉さんとこのベルトをかけて1vs1の試合になるんですけど、先程稲葉さんが楽しみたいとおっしゃっていましたけど、やっぱり楽しむとかではなく、稲葉さんもW-1を代表してベルトを獲りに来るだろうし、僕はこの#STRONGHEARTSを代表して防衛しなければいけない責任というものがあって、お互いメインイベンターとしての責任を果たしたいなと僕は思います」

 

【質疑応答】

──昨日の前哨戦が初めての対戦だったんですよね?

 
T-Hawk そうですね。初対決だったんですけど、僕の印象としては稲葉さんはレスラーにしては人が良すぎるというか、もっと例えるならばサラリーマンっぽいですよね。人が良すぎるんですよね。もっと今まで獲った芦野選手とかイケメン選手だったりとか、近藤さんもそうですけど、気持ち的な部分は凄く来るなというのはあったんですけど、今の段階のイメージでは僕に届いてないかなっていうのが昨日のコメントでもありましたけど、そういう印象は受けました。

 
稲葉 試合を通じてもっと稲葉大樹を感じてもらいたいなと思います。最終的には勘弁してほしいなと言うぐらい追い込みたいなと思います。

 
──稲葉選手、人が良すぎるとかサラリーマンっぽいという言われ方をしたんですが、それについてはどのように思われますか?

 
稲葉 試合やってもらえればサラリーマンなのかなんなのかわかると思います。昨日の新木場はそんなに絡んでないと思っているのでもっともっと絡めばわかってくると思います。

 
──T-Hawk選手、『W-1 GP』見ていたと思うんですけど、ご自分の前に立つのが稲葉選手だというのは予想していましたか?
 

T-Hawk グランプリの決勝を僕は本部席で見てたんですけど、その時は稲葉さんってこんなに感情を出せるんだと思ってたんですよ。昨日肌を合わせてみて、その時がピークでグラフ的にはちょっと下がってきたなというふうに見受けたんで、やってみて。それを9月1日、その前に8月1日の後楽園ホールでも当たりますけど、そこにピークを持ってこないと今の僕のベルトには到底届かないかなとは思いますね。

 
──稲葉選手は実際にT-Hawk選手と闘ってみて、どのような印象を受けました?

 
稲葉 凄い刺激ですか? やっぱり初めてだったので、普段のW-1の選手と以外は、そんなに#STRONGHEARTSの選手と絡むこともなかったので凄い刺激をもらいました。やっぱりその刺激に勝つぐらいの自分もさっきも言われてましたけど、どんどん気持ちを高めていって、文体に気持ちを上げていきたいと思っています。
 

──まだ気持ちが本番に向けて上がりきってないという状況ですか?

 
稲葉 いや、上がってるつもりですけど、足りてないって言うんだったら、もっともっと上げていきます。

 
──お互いに警戒する部分、注意する部分がありましたら、教えてください。

 
T-Hawk ちょっと厄介だなと思う部分がありまして、お客さんを味方につけるのがうまい。多分本人は自覚ないと思うんですけど、お客さんが感情移入しやすいところ。そういった声援もあると思うんですけど、正直、そういった部分では僕は全く動じないメンタル持ってますし、もちろん気持ちという部分では絶対負けない。そこぐらいですかね、稲葉さんは。あとは一発逆転の卍があるので、そこをしっかり警戒して対策を練って当日を迎えたいと思います。

 
稲葉 攻撃力が凄いなと思っています。ただ自分も攻撃に負けないぐらいの気持ちはあると思っているんで、耐えて耐えて一発逆転の卍もあるんで、そこまで耐えきりたいと思っています。

 
──稲葉選手、もし仮にベルトを獲ったら、どのような形でW-1を引っ張っていこうと思っていますか?

 
稲葉 試合が終わったらお客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたいと思っています。

 
──T-Hawk選手は防衛したら引き続きチャンピオンということになりますけど、その先、このW-1のリングでやりたいこととか考えていらっしゃいますか?

 
T-Hawk 今現在ビジョンは明確なものはないんですけど、単純にこのベルトは僕が持っていたほうがW-1的にはいいんじゃないかなと思っているので、しっかり防衛してT-Hawkここにあり、W-1チャンピオンここにありというのを証明したいと思っております。

 
ー横浜文化体育館大会詳細ー

【大会名】
「2019プロレスLOVE in YOKOHAMA」9.1神奈川・横浜文化体育館大会
 
【日時】
2019年9月1日(日)15時試合開始/14時開場
 
【場所】
神奈川・横浜文化体育館

 
【決定対戦カード】

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ60分1本勝負
【第14代王者】T-Hawk vs 稲葉大樹【挑戦者】
※第14代王者・T-Hawk、3度目の防衛戦。

 
▼シングルマッチ30分1本勝負
才木玲佳 vs アジャコング(OZアカデミー・女子プロレス)

 
【決定参戦選手】
・武藤敬司選手
・土方隆司選手
・伊藤崇文選手
・佐山駿介選手


関連記事

おすすめ情報

プロレスTODAYの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索