OZアカデミー女子プロレスは9日、東京・新宿FACEにて『OZ25th〜春嵐強襲〜』を開催した。

メインイベントで行われたOZアカデミー認定タッグ選手権試合では前回、優宇の復活を祝うタッグ王座戴冠となった獣友に五番勝負を戦い抜いてきた倉垣翼&青木いつ希が挑戦。挑戦者組が勝利し34代王者組となった。試合後の青木は前々王者組の小林&関口組、さらにそれ以外の全ての選手に対し「どんな挑戦でも受ける」と叫んだ。五番勝負を戦い抜き遂にタッグタイトルも獲得した倉垣&青木組を止めるのはどのタッグとなるのか?
 
第三試合で行われた100万円争奪マッチでは、関口翔が加藤園子、尾崎魔弓を立て続けに撃破。さらに入手した100万円で尾崎が加藤から強奪した無差別級のベルトを買い戻そうとする。100万円が惜しい尾崎はこれに応じるも、渡されたケースに入っていたのはボロボロになった先代ベルトであった。加藤は思い入れの強いこのベルトを良しとし、関口からの無差別級選手権への挑戦表明を受諾。5月23日大阪大会で無差別級選手権が王者・加藤園子、挑戦者・関口翔で行われることが決まった。

OZアカデミー女子プロレス新宿大会 OZ 25th〜春嵐強襲〜
■興行・試合日程:2021年5月9日(日) 16:45開場/17:20オープニング開始/17:30試合開始
■開催地:東京都 ■試合会場:新宿FACE
■観衆:210人(満員)

※試合前に行われたグーパーにより、第三試合の100万円争奪軍団混成6人タッグの組み分けがアジャコング&加藤園子&桜花由美 vs 尾崎魔弓&松本浩代&関口翔に決定
 
第一試合:シングルマッチ20分1本勝負
○AKINO vs ●駿河メイ
15分24秒 noki-an バックブリーカー ⇒ ギブアップ

第二試合:シングルマッチ30分1本勝負
●小林香萌 vs ○旧姓・広田さくら
16分10秒 エビ固め ※レッグロールを頭の良い切り返しで丸め込んで
※試合結果の表記は広田の指示によるもの

第三試合:100万円争奪軍団混合バトル 6人タッグマッチ30分1本勝負
MK4:●加藤園子&正危軍:桜花由美&獣友:アジャコング vs MK4:○関口翔&正危軍:尾崎魔弓&獣友:松本浩代
16分29秒 カケラホマ
※尾崎の申し出により、勝利チームの3名による100万円争奪3WAYマッチが決定

特別試合:100万円争奪3WAYマッチ時間無制限1本勝負
●尾崎魔弓 vs 松本浩代 vs ○関口翔
5分00秒 オクラホマロール
※関口翔が100万を獲得。尾崎が強奪した無差別級ベルトと100万円と引き換えにするも、手渡されたのは老朽化した先代の無差別級ベルト
※5月23日大阪大会における加藤園子vs関口翔の無差別級選手権試合が決定

メインイベント:OZアカデミー認定タッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
王者:●米山香織&優宇 vs 挑戦者:倉垣翼&○青木いつ希
13分56秒 エビ固め ※後方回転エビ固めを切り返して
※第33代王者が初防衛に失敗。倉垣&青木組が第34代王者となる。