大日本プロレスは所属の菊田一美・加藤拓歩が新型コロナウィルス陽性判定を受けたことを発表した。

以下、団体リリースより。

【コロナ感染に関して】

所属選手、菊田一美選手・加藤拓歩選手が新型コロナウィルス陽性判定を受けましたことをご報告いたします。
熱などの自覚症状を受け、検査をしたところ判明いたしました。
症状は軽症で、現在は保健所の指導のもと療養に努めております。
濃厚接触者に関しては保健所からの連絡を待っている状態です。

つきましては両選手は7月31日・8月1日の東京・上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂)大会は欠場とさせていただきます。
復帰に関しては状況を見つつ判断して参ります。

カード変更となり、両選手の試合を楽しみにしていただきました皆様にお詫び申し上げます。

大日本プロレスでは今後も新型コロナウイルス感染拡大予防対策を徹底し、ガイドラインに沿った適切な運営を心がけて参ります。