日本サッカー協会(JFA)とキットサプライヤーのadidasは22日、サッカー日本代表の2024新ユニフォーム(ホーム、アウェイ)を発表した。22日より店舗限定で先行販売を開始する。
本ユニフォームは、厳密にはadidasと世界的なファッションデザイナー山本耀司氏(ヨウジヤマモト)による協業ブランド「Y-3」と日本代表のコラボレーションとなる。

Japan 2024 Y-3 Home



日本代表 2024 Y-3 ホーム ユニフォーム
エンブレムをセンターに配置したスタイルが新鮮な2024新ユニフォームは、ある意味で日本代表の象徴ともいえる「炎」が帰ってきた。
今作のテーマは「FIRE(炎)」。ヨウジヤマモトによりデザインされた炎グラフィックは、日本代表が持つ揺るぎない力強さ、そして日本という国が持つ神秘的な力を象徴している。

ダークネイビーを基調としたホームユニフォームのグラフィックには青い炎をデザインし、その中心となる「目」が前面の下部に描かれている。
ひとつひとつの炎は選手やサポーターを表し、各々の想いが渦を巻き集まって「炎の目」となり、その力が日本代表の力として高く舞い上がる様子を表現したものだ。

今回のブランド「Y-3」は、adidasが山本耀司氏をクリエイティブ・ディレクターとして迎え、世界で初めてラグジュアリーファッションとスポーツを融合したブランド。
adidasが持つスポーツの専門的な技術・機能と、ヨウジヤマモトのデザインが融合したブランドとして、メンズ・ウィメンズウエア、フットウエア、バッグをはじめとしたアクセサリーで構成されている。
サッカーでは、これまでにスペインの名門レアル・マドリーとのコラボレーションが有名。今回初めてレアル以外のチームとのコラボが実現した。

パンツとソックスも含めたコンプリートルックはこのような感じに。パンツはシャツと同様に青い炎を描き、全身をダークカラーでまとめる。ここまでの“濃紺”日本代表ユニフォームは、赤い一本線デザインが物議を醸した2012年の「結束の一本線モデル」以来だろう。
ホームと同時に公開となったアウェイユニフォームも、これまでにないカラー構成が非常に印象的だ。

Japan 2024 Y-3 Away





日本代表 2024 Y-3 アウェイ ユニフォーム

2024新アウェイユニフォームはホワイトを基調に、ホームと同じく「炎」を描く。袖のスリーストライプスや炎グラフィックにレッドを用いたデザインは、歴代の日本代表アウェイユニフォームでも異色のカラーコンビネーションとなった。



同じ炎でもホームとは異なる表現方法が印象的。余白を残しながら精密に配置した赤き炎は、若さ溢れるチームによるピッチ上での溌溂(はつらつ)としたプレーと、ヨウジヤマモトを象徴する「アシンメトリー」デザインを体現したものだ。

なお、ホーム、アウェイともに選手用と同等のオーセンティックユニフォームは長袖も発売される。



アウェイユニフォームの着用モデルには、日本女子代表(なでしこジャパン)の3選手が登場。ビジュアルを見る限りでは全身ホワイトのセットとなるようだ。

次に、この「Y-3」ユニフォームをいち早く着用した日本代表・男女6選手の新ユニフォームへのコメントを、ホームの着用姿とともにご紹介したい。

久保建英





「今回のユニフォームはすごくおしゃれだな、というのが第一印象です。ユニフォームをファッションに取り入れるスタイルは海外ではよく見かけますが、日本でもこのサッカー日本代表ユニフォームをきっかけに、そのトレンドが広がることを願っています。 僕自身も、新たなユニフォームとともに気持ちを新たに切り替えて、青い炎のように熱い気持ちで次のステージに向かっていきたいと思います」

細谷真大





「今回、サッカー日本代表史上初の「Y-3」とのコラボレーションになると聞いて、とてもびっくりしました。色合いやデザイン、ロゴの位置など、とても新鮮で、これをきっかけにサッカー日本代表に興味を持っていただける方や、応援していただける方が増えると嬉しいです。 このユニフォームに描かれた炎のように、僕たちもそれぞれの力を一つにして、完全燃焼で世界と戦っていきたいと思います」

藤田譲瑠チマ





「ホームもアウェイも、どちらもとてもスタイリッシュで、それぞれ異なる意味を持つ炎をモチーフにしているところがすごく気に入っています。 自分たちの世代が、新たな想いが込められたユニフォームとともに大きな舞台へと向かえることをとても嬉しく思います。このユニフォームを着てピッチで活躍する姿を皆さんに見ていただけるよう、頑張りたいと思います」

長谷川唯





「ホームユニフォームの濃い紺色は、最近の日本代表ユニフォームにはあまりなかった色合いなので、とても良いと思いました。またアウェイの白と赤の組み合わせも、すごく新鮮です。 今回は燃え盛る炎がデザインのテーマですが、私にとっては、スタジアムに入場するときが、一番気持ちが燃え上がる瞬間です。常に世界一を目指してサッカーをやってきたからこそ、この新しいユニフォームで、この夏世界一を目指したいと思います」

長野風花





「今までのサッカー日本代表ユニフォームと雰囲気が違って、すごくスタイリッシュで驚きました。チームで着たときにも格好良いと思いますし、ファッションとして着ても素敵なデザインだと思います。 ユニフォームに描かれた炎のように、燃え盛る力強いプレーでまた世界に衝撃を与えたいという想いを新たにしました」

宮澤ひなた





「一見して、今までのサッカー日本代表ユニフォームよりもシンプルで、すごく格好良いと思います。雰囲気がガラッと変わった印象です。 街中でユニフォームを着ている方を見かけると、サッカーへの愛を感じてすごく嬉しくなります。日本でもそういう風にこのユニフォームを着てくれる人が増えることを楽しみにしています。応援してくれる方の気持ちを力に、この夏はチームとして優勝を目指して一戦一戦大切に戦っていきたいと思います」



7月に開幕するパリオリンピックや2026ワールドカップ予選などで着用する令和の「炎」ユニフォームは、6月22日(土)よりadidasオンラインストア、Y-3直営店など一部の店舗限定で先行販売がスタート。7月1日(月)より全国的に一般販売を開始する。