ワールドカップ王者としてコパ・アメリカ連覇を目指すアルゼンチン代表。

本大会前最後の試合となる15日のグアテマラ戦に4-1で勝利した。

前半4分にオウンゴールで先制されるも、リオネル・メッシとラウタロ・マルティネスの2ゴールで逆転。

メッシは先制された後の前半12分に相手GKのミスを見逃さずに同点弾を奪った(動画1分15秒から)。



相手GKはドフリーのメッシに直接パスを蹴ってしまう痛恨のミス…。

『Ole』によれば、メッシは「あれは予想してなかったね。GKが僕にくれた。そして、フィニッシュした。前半は難しかった、特に最初の20分はね」と話していたそう。

そのメッシは大会中の今月24日に37歳になる。