ベルギー1部のコルトライクは13日、「DF藤井陽也が完全移籍で加入する」と公式発表した。


今年1月に名古屋グランパスからコルトライクに期限付き移籍していた藤井。途中で筋肉の怪我による離脱を経験したものの、プレーオフで復帰して残留に大きく貢献した。
コルトライクはそれを受けて藤井の契約を完全移籍に切り替えるためのオプションを活性化させ、2028年6月30日までの長期契約を結んだとのこと。

同じコルトライクには日本人のDF角田涼太朗も所属しているが、彼はカーディフ・シティからの期限付き移籍であるため、今季終了後はイギリスに戻る可能性が高いと言われている。