かつてサッカー界の頂点に君臨していたバルセロナ。

ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いた2008年から2012年までにUEFAチャンピオンズリーグを含めて14ものタイトルを獲得した。

そのチームの要だったのは、リオネル・メッシだ。ただ、彼は『Clank』でこんな話をしていたそう。

「グアルディオラ時代は僕を少し困惑させた。誰もが自分のチームをあのようにプレーさせたがった。

6〜7歳の子供たちに、2タッチで速くプレーしなければいけないと教え始めた。僕に起きたことはその年齢で起きるべきことだと思う(ペップのサッカーを教えるには適正年齢がある)。みんなの自発性を奪う必要はない」

ペップのサッカーを模倣するチームが増え、子供たちの指導にも影響を与えたと指摘。

そのうえで、幼少期は型にはめずに自由にプレーさせたほうがいいと感じているようだ。