サッカー日本代表の新ユニフォームが22日に発表された。

今作のテーマは「FIRE(炎)」。炎グラフィックは、日本代表が持つ揺るぎない力強さ、そして日本という国が持つ神秘的な力を象徴している。

adidasと世界的ファッションデザイナー山本耀司氏(ヨウジヤマモト)の協業ブランド「Y-3」とのコラボが実現した、歴史的な一枚だ。

そんな新ユニの発表に合わせ、なでしこジャパンが一足早くこのユニフォームを目にした時の様子が『JFATV』のTeam Cam特別編で紹介されている。



写真撮影に臨みながら各選手が女性らしい視点も交えつつ感想を述べるなか、GK山下杏也加が気にしていたのはファースト以外のGKユニフォームのカラー(動画7分11秒から)。

アディダスジャパンの担当者である金子勝太氏によれば、セカンドがグリーン、サードがピンクとのことで、山下は「ピンク!?」と驚いた様子を見せていた。

ちなみに、GKユニフォームも炎のグラフィックがシャツと同系色で施されている。販売が開始されたセミソーラーイエローのファーストだけでなく、セカンドやサードがどのような仕上がりになっているのかも楽しみだ。



日本代表の新ユニフォームは、7月13日(土)に金沢で開催される「MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登」、なでしこジャパン対ガーナの一戦で初使用される予定。