リサンドロ・マルティネスは、現代サッカーにおける新しいディフェンダーの象徴です。

彼の多才さと技術、そして戦術理解力や熱い闘志が、彼を世界中のファンに愛される存在にしています。

この記事では、彼の魅力を詳しく掘り下げていきます。

プロフィールと所属チーム





リサンドロ・マルティネスは1998年1月18日生まれ、アルゼンチンのグアレグアイ出身のサッカー選手です。 

同胞の英雄でもあるリオネル・メッシも幼少期に所属していた、ニューウェルズ・オールドボーイズでプロデビュー。 

アルゼンチンの名門クラブであるディフェンサ・イ・フスティシアやアヤックス・アムステルダムを経て、現在はイングランドのプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドに所属しています。

また「FIFAワールドカップ カタール2022」の優勝メンバーでもあります。

プレミアの小さな巨人





近年急速にアスリート化が進み、フィジカルが重要視されるようになっている現代サッカー。

その中でも特に激しいプレミアリーグで、身長175cmとリーグ最低身長のCBながらも活躍しているのがリサンドロ・マルティネスです。

CBというポジションは屈強なFW陣とのバトルが繰り広げられるため、多くの専門家やファンは彼に疑問符を投げかけていましたが、彼はそれを覆してきました。空中戦や一対一の状況でも常に強さを発揮し、魂のこもったタックルで相手の攻撃を防ぎサポーターの心をつかみました。

ブッチャーと呼ばれる男





その強気なプレイスタイルから「ブッチャー(肉屋)」とも呼ばれる彼ですが、チーム内ではリーダーシップを存分に発揮しています。味方への指示や鼓舞する声でディフェンスラインを統率し、戦術理解力の高さで適切な判断を下すことで、チーム全体の守備の安定感を増しています。

さらに、アヤックス出身というだけあって、CBでありながら足元の技術やパス精度は素晴らしいもので、ビルドアップに不安のあったユナイテッドに、アヤックス時代の恩師テンハーグ監督と共に大きな変革をもたらしました。