令和6年度高校総体(インターハイ)は18日、男子サッカーの予選結果を受けて、本大会に出場する52チームが決定した。

出場校は以下の通り。

北海道:旭川実業、札幌大谷青森県:青森山田岩手県:遠野秋田県:西目宮城県:仙台育英山形県:山形明正福島県:帝京安積、尚志茨城県:鹿島学園栃木県:矢板中央群馬県:共愛学園埼玉県:昌平千葉県:市立船橋東京都:帝京、駒澤大神奈川県:桐光学園、東海大相模山梨県:山梨学院新潟県:帝京長岡長野県:都市大塩尻富山県:富山第一石川県:鵬学園福井県:丸岡静岡県:静岡学園愛知県:東邦岐阜県:帝京大可児三重県:三重滋賀県:近江京都府:東山奈良県:生駒和歌山:近大和歌山大阪府:興國、阪南大兵庫県:神戸弘陵鳥取県:米子北島根県:立正大淞南岡山県:作陽学園広島県:瀬戸内山口県:高川学園香川県:尽誠学園徳島県:徳島市立愛媛県:済美高知県:高知小津福岡県:福岡大若葉佐賀県:龍谷長崎県:国見熊本県:大津大分県:柳ヶ浦宮崎県:日章学園鹿児島県:神村学園沖縄県:那覇西

北海道はまだ準決勝が終わった段階だが、2枠あるため決勝へ進出する旭川実業と札幌大谷の予選突破が決定。52チームが出揃った。

なお、総体のサッカー競技は夏の暑さを避けるため、今年度より男子が福島県での固定開催に(女子も北海道に固定)。福島県の中でも東部、海洋性気候で夏も比較的涼しい「浜通り」の広野町、楢葉町、いわき市で集中開催される。

総体の男子サッカーは35分ハーフ。7月26日(金)に開会式が行われ、翌27日(土)に1回戦が開催。2回の休養日を経て、8月3日(土)にJヴィレッジスタジアムで決勝戦が行われる。