自身6大会目となるEUROに出場するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

そのロナウドを代表デビューさせ、EURO2004と2008でポルトガルを指揮したのが、ブラジル人のルイス・フェリペ・スコラーリ監督だ。同氏は『winwin』のインタビューでこんな話をしていたそう。

「クリスティアーノが指導したなかで最高の選手だとは言えない。

なぜなら、私はいまでもプレーしている多くの特別な選手たちと働いてきたからね。

もちろん、クリスティアーノはエリートクラスに属するし、指導した並外れた選手のひとりだ。

クリスティアーノは準備の仕方が違った。日々を成長するために活用しない多くの選手たちとは違った。彼は違う。いつでも、どんな状況でも準備ができている。そんな選手は見たことがない」

75歳のスコラーリ氏は、ジュビロ磐田やブラジル代表、チェルシー、そのほかブラジルの有名クラブを指揮してきた。

指導してきた多くの有名選手に敬意を払い、ロナウドが一番とは言わなかった形だろうか。