フランス代表のキャプテンとしてEURO2024に参加しているキリアン・エムバペ。

オーストリアとの初戦で鼻骨を骨折するアクシデントに見舞われた。手術は回避したものの、21日のオランダ戦には出場せず。

『ESPN』や『L'Équipe』によれば、エムバペはパーダーボルンU-21チームとの非公開試合で実戦に復帰したという。30分ハーフの試合でエムバペは2ゴール2アシストを記録したとのこと。

エムバペはこの日、負傷箇所を保護するフェイスマスクを初めて着用。最初は少しに気にしていたものの、すぐに慣れたそう。

また、対戦相手の若手選手たちには、デュエルや接触であまりアグレッシブにならないように指示が出されていたとか。

フランスは25日にポーランド戦が控えている。