18歳になる7月にパウメイラスからレアル・マドリーへ移籍するブラジル代表FWエンドリッキ。

現在17歳の彼は、今夏のコパ・アメリカでセレソンの9番を背負う。『Globo』によれば、背番号9をつけることについてこう話していたそう。

「とてもハッピーだね。どんな選手も欲しがる番号さ。でも、僕は背番号はそれほど気にしていないよ。今までプレーしていた21番や、パウメイラスでつけた16番でもね」

エンドリッキはブラジル代表のデビュー戦で21番を着用。また、パウメイラスでは9番に変更する前には16番をつけた。

今夏にレアルにはフランス代表FWキリアン・エムバペも加入するが、彼がレアルで9番をつけるとされている。

現在、レアルの16番は空いているので、エンドリッキはこの番号になるかもしれない。