シュトゥットガルトからバイエルン・ミュンヘンへの移籍が決まった日本代表DF伊藤洋輝。そうしたなか、『Bild』は、「バイエルンのニュースターである伊藤は予想よりも安い」という記事を報じていた。

バイエルンと2028年までの契約を結んだ伊藤だが、「この移籍については移籍金についての混乱があった」と伝えている。

バイエルンは契約解除料3000万ユーロ(50.8億円)を支払ったと噂されていたが、シュトゥットガルトに支払う金額はそれよりも少ないとのこと。

その理由は「ドイツ国内で移籍する場合は国外移籍よりも低くなる」という条項だったためで、実際に支払われるのは2350万ユーロ(39.8億円)だそう。