マンチェスター・シティで史上初のプレミアリーグ4連覇を成し遂げるなどサッカー界のタイトルを総なめにしてきたジョゼップ・グアルディオラ監督。
ボストン・セルティックスとダラス・マーベリックスが激突したNBAファイナルを現地観戦していたことが話題になった。

試合前のコートでペップとセルティックスのジョー・マズーラ監督が話すシーンも。マズーラ監督は、今年2月にも英国を訪れた際にシティの施設でペップと対面している。

『ESPN』によれば、4勝1敗でファイナル優勝を決めたマズーラ監督は、第5戦後にペップからの助言についてこう話していたそう。

「ダラスの守備陣は、NBAで最もスマートかつ、最高のディフェンスチームだ。ペップが私を助けてくれたのは、スペースについて。それが非常に重要だった。トランジション、どう選手を動かすか」

ペップはトランジション(攻守の切り替え)を重視してきたが、それをNBAの指揮官にも説いていたようだ。

なお、マズーラ監督は1988年生まれの35歳。