イスラエル軍によるガザ地区への攻撃が続いている。

『Al Jazeera』によれば、イスラエル軍による空爆でパレスチナのアル・アハリでプレーしていたプロサッカー選手が妻子とともに死亡したという。ガザ地区にある教会近くの自宅が爆撃され、一家は命を落としたそう。

昨年3月にもパレスチナの有名選手が空爆によって死亡している。パレスチナサッカー協会によれば、2023年10月以降のガザ侵攻でアスリート157人が死亡しており、そのうち90人以上がサッカー関係者だという。

同協会によると、ヨルダン川西岸地区とガザ地区では22のスポーツ施設が破壊されてもいるそう。