日本代表でドイツ1部シュトゥットガルトDF伊藤洋輝がドイツ1部バイエルンに移籍金3000万ユーロで移籍間近と13日、ドイツ紙ビルト紙のトビー・アルトシェフル記者が自身のX(旧Twitter)に投稿した。
アルトシェフル記者は「シュトゥットガルトの伊藤洋輝はミュンヘンに移籍間近だ。あとは契約書にサインするだけ。移籍金はある条項によると3000万ユーロとされている」と投稿した。
これまでイングランド1部トッテナムの移籍報道が出ていた伊藤だが、ドイツ最大のメガクラブからもラブコールを受けているようだ。

バイエルンのトップチームは過去にJ1ガンバ大阪の宇佐美貴史が在籍したことがあり、伊藤が入団すれば日本人で2選手目となる(セカンドチーム登録の福井太智もトップチームでの試合出場経験あり)。