この夏にPSGを退団したレアル・マドリーへ移籍したフランス代表FWキリアン・エムバペ。

17日に行われたオーストリアとのEURO初戦で鼻を負傷するアクシデントに見舞われた。

エムバペは相手DFケヴィン・ダンソとの接触で鼻から出血し、診断の結果、鼻骨骨折と診断された。

エムバペ、EUROで鼻骨骨折…接触したオーストリア代表DFダンソが謝罪する


その後、ダンソは「フランスファンの皆へ。エムバペが対戦中に負傷したことは申し訳ない。彼の回復を祈るとともに、一刻も早くピッチに戻れることを願っている」とのメッセージをSNSに投稿している。

フランスサッカー連盟会長は「エムバペに手術の必要はない。それをすれば今大会から外れることになるであろう」としつつ、今後はフェイスマスクを着けてプレーするとコメント。

ただ、『Guardian』は、エムバペがグループステージの残り2試合を欠場しうるとも伝えている。