キリアン・エムバペが代表キャプテンを務めるフランス代表がEURO初戦に臨む。

センターバックと右サイドバックでプレーできるインテルDFバンジャマン・パヴァールも今大会のメンバーに選ばれている。彼は『L'Équipe』のインタビューでこんな話をしていた。

「(予選では右SBとして起用されたが驚いた?今EUROではあまりプレーできそうにない?)

スタートは最高だった(笑)いまや左にいる、ベンチのね(笑)

それは監督の選択さ。自分は監督が求めるものに順応している。メンタル的にもフィジカル的にも準備はできている。気分はいいし、準備は整っているよ。

(監督に中央で起用してくれるよう説得したのはいつか)

分からないけれど、監督は僕がこのポジションのほうが好みだとずっと分かっていた。

とはいえ、代表チームが一番さ。このユニフォームを着ることを誇りに思っている。

監督から声がかかれば、どちらのポジションでもプレーする準備ができているよ」

予選当初は右SBとして起用されていたが、ディディエ・デシャン監督にCBでの起用を直訴したようだ。

今年3月のドイツ戦では左CBとして先発起用されたパヴァールだが、いまはベンチの左側と自虐を口にしていたとか。