フランス代表は、17日に行われたオーストリアとのEURO初戦に1-0で勝利したが、FWキリアン・エムバペがアクシデントに見舞われた。

終盤に相手との接触で鼻から出血して交代を余儀なくされたのだ。ディディエ・デシャン監督が鼻骨骨折を示唆した後、フランスサッカー連盟会長は「手術はしない」と明言した。

エムバペは金曜のオランダ戦にも出場可能とされているが、今後はフェイスマスク(フェイスガード)を着用するとも。

そうしたなか、エムバペは「何かマスクのアイデアはある?」とのメッセージをXに投稿した(冷や汗をかいた顔文字つき)。試合でつけるマスクについてファンたちに尋ねていたようだ。

『RMC』によれば、エムバペは検査を受けたデュッセルドルフ大学病院を退院したという。