<第87回全日本大学総合卓球選手権大会 個人の部 日時:10月28日〜31日 場所:埼玉県・所沢市民体育館>

28日、全日本大学総合卓球選手権大会が開幕し、男女ダブルスの3回戦までの試合が行われた。男子では第1シードが棄権するという波乱の幕開けとなった。

初日総括

宮本春樹、田原彰悟
写真:宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペア/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルスでは第1シードの木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)ペアが単複ともに棄権となった。優勝候補の筆頭である宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)をはじめ、宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペアや高見真己/曽根翔(愛知工業大)ペアなどがベスト16入りし、2日目に残った。

岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)
写真:岩越帆香と笹尾明日香(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルスは第1シードの岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)ペアや、第2シードの木村香純/出澤杏佳(専修大)ペアといった実力のあるペアが順当に勝ち進んだ一方で、国公立大から河渕雅友/渡邊貴子(高知工科大)ペアが2回戦でシードの榎谷優香/木塚陽菜(神戸松蔭女子学院大)ペアに勝利して2日目に進出を果たした。

2日目となる29日には男女ダブルスの準々決勝まで、男女シングルスの2回戦までが行われる。

2日目見どころ

宮川昌大、手塚崚馬
写真:宮川昌大/手塚崚馬(明治大)ペア/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルスでは、宮川昌大/手塚崚馬(明治大)ペアや中村光人/横谷晟(愛知工業大)ペアといった明治大や愛知工業大、それから専修大のペアが数多く残っている。各校のペアの勝ち上がりに注目だ。また、Tリーグにも参戦していた馬渡元樹/増本時祥(朝日大)ペアや国公立大の熊本竜己/田中虹太朗(筑波大)ペアの活躍も見逃せない。

岡田琴菜、大川真実
写真:岡田琴菜/大川真実(愛知工業大)ペア/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルスでは、第1、第2シードのペアの他にも岡田琴菜/大川真実(愛知工業大)ペアや梅村優香/工藤夢(中央大)ペアと国内でもトップクラスの実力を持つペアが勢ぞろいしている。2日目で勝ち残り、準決勝へとつなげることができるのか。

小池皓(北陸大学)
写真:小池皓(北陸大学)/撮影:ラリーズ編集部

2日目からは男女でシングルスもスタートする。男子シングルスでは第1シードの木造が棄権しているため、その山に入った小池皓(北陸大)や多田浩嗣(京都大)、伊藤楓真(札幌大)らの中で誰が勝ち進むのか見物だ。女子シングルスでもダブルスで勝ち進んでいる選手が2冠を目指して初戦に臨む。

2日目 ダブルス試合予定

男子ダブルス4回戦 9:30〜

秋田悠吾/渡辺凱(國學院大) – 蛭田龍/月舘駿介(専修大)
竹内佑/佐藤祐人(筑波大) – 西康洋/菅沼湧輝(明治大)
中村光人/横谷晟(愛知工業大) – 馬渡元樹/増本時祥(朝日大)
宮川昌大/手塚崚馬(明治大) – 浅津碧利/小野寺翔平(中央大)

宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大) – 出雲卓斗/沼村斉弥(明治大)
太田輝/吉田俊陽(中央大) – 吉田海斗/吉田聖斗(専修大)
高見真己/曽根翔(愛知工業大) – 熊本竜己/田中虹太朗(筑波大)
上村太陽/阿部悠人(専修大) – 宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)

女子ダブルス4回戦 9:30〜

岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大) – 加藤亜実/船場清華(専修大)
青木萌恵/岡崎日和(東洋大) – 千葉菜月/泉田朱音(東京富士大)
秋山星/杉本恵(青山学院大) – 黒野葵衣/中島彩希(早稲田大)
大西瑚々那/森廣伽依(愛知工業大) – 小畑美菜/高橋沙希(國學院大)

岡田琴菜/大川真実(愛知工業大) – 河渕雅友/渡邊貴子(高知工科大)
川北帆香/高橋あかり(中央大) – 小島叶愛/阿部里歩(國學院大)
里川奈優/杉田陽南(早稲田大) – 梅村優香/工藤夢(中央大)
河野凪紗/田村美佳(立命館大) – 木村香純/出澤杏佳(専修大)

全日本大学総合卓球選手権大会とは?

全日学は個人の部と団体の部からなり、例年、個人の部は10月頃、団体の部は6月頃に行われる。個人・団体ともに地域ごとの予選を通過した選手のみが参加できる。

団体の部はインカレとも呼ばれ、男女ともに4シングルス1ダブルスの3本先取の形式で戦う。大学生選手にとって、各地域ごとのリーグ戦と並ぶ重要な大会だ。

今年は大会2週間前から全選手の健康チェックを行う。また、大会は無観客で行われるが、試合はラボライブ(LaboLive)にて配信される。1日目から2日目にかけて男女ダブルスが進められ、2日目の後半より男女シングルスが始まる。

文:ラリーズ編集部