<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間26日、世界選手権は4日目を迎え、女子シングルス4回戦に石川佳純(全農)がベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)にゲームカウント4-0で勝利し、準々決勝進出を決めた。

試合後、石川が報道陣の質問に答えた。

石川佳純コメント

相性の良いスッチが相手だったが

やりやすい相手ではなかったです。過去もそんなに楽に勝っていることはたぶんなくて、4-2とか4-1でも競ったりが多くて、今日4-0で勝てたのは初めてかもしれない。

最後4-8から挽回できて良かったです。あそこを取られていたらもう少し苦しくなったかもしれない。

好調の要因は

しっかり振り切れていると思います、1本1本。

一番は気持ちのコントロールですかね。あんまり浮き沈みせず、勝ち負けを考えすぎずに目の前の1球1球に集中してプレーできました。

勝ちにこだわりすぎると「勝ちたい、勝ちたい」ばっかりになってしまって、イライラしちゃって、焦りが出てきてしまうので、あまり結果を考えすぎずに自分の持っている力を出そうという気持ちで戦えました。

スッチ戦の戦術は

サービスはいつも効くんですけど、こだわりすぎずに困ったら長いサービスを出そうと思っていた。取られても長いサービスをどんどん出していけたので、短いサービスも効いたのかなと思います。

スッチ選手は大舞台に強いイメージで、1回戦でシード選手に勝つとかも大きい大会だと結構ある。(昨日スッチが倒した田志希と私は)同じ左なので、今日はすごくノッていて、調子も良いだろうなと思いました。

なので1ゲームもし取られても焦らずにやろうということとサービスとレシーブを強気で行こうと思っていました。

シングルス8入りと五輪時よりも手応えを感じているか

今回はシングルスは目標を立てずに1戦1戦と思ってんですが、8に入れたのはやっぱり嬉しいですね。

五輪のときより調子が良い。五輪を経験したおかげで今充実したプレーに繋がっているのかなと思います。気持ち的には五輪よりも焦らずにできているかなと思っています。

五輪が終わって切り替えが難しいなどはなかったか

ないですね。良い意味で肩の力が抜けました。

昔は試合中に(相手に)打たれて「うわ〜」みたいな(表情を見せる)ことはなかったと思うんですけど、今日も「うわ、打たれちゃった(笑)」みたいな、良い意味で余裕を持てるようになりました。

女子シングルス4回戦

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部
写真:石川佳純(全農)とベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)/撮影:ラリーズ編集部

〇石川佳純 4-0 ベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)
11-6/11-9/11-8/11-8

文:ラリーズ編集部