<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日〜10月9日 日程:成都(中国)>

3日、世界選手権は大会4日目を迎え、男子日本代表は予選リーグで中国香港と対戦した。

男子日本代表はイラン戦、ルーマニア戦と同じく、張本智和(IMG)、戸上隼輔(明治大)、及川瑞基(木下グループ)を起用。1番には戸上が出場し、中国香港のエース・黄鎮廷(ウォンチュンティ)と対戦するもストレートで敗れ、日本は出鼻をくじかれるかたちとなる。

しかし、2番で張本が林兆恒(リンチャンフン)をストレートで下すと、3番の及川もフルゲームデュースの激戦を制して、マッチカウント2-1とした日本が勝利に王手をかける。

そして、4番では張本と黄鎮廷のエース対決が実現。第1ゲームを11-4で制すると第2ゲームも11-9で制し、第3ゲームも11-3と大差をつけて勝利。張本がストレートで黄鎮廷を下し、マッチカウント3-1で日本が白星を挙げた。

この勝利で予選リーグの結果を3勝0敗とした日本は、グループ3で単独首位に浮上した。

男子予選リーググループ3

〇日本 3-1 中国香港

戸上隼輔(明治大)0-3 黄鎮廷(ウォンチュンティン)〇
11-13/4-11/6-11

〇張本智和(IMG)3-0 林兆恒(リンチャンフン)
11-5/11-7/11-4

〇及川瑞基(木下グループ)3-2 呉柏男(ウーバイナン)
5-11/11-7/7-11/11-5/12-10

〇張本智和(IMG)3-0 黄鎮廷(ウォンチュンティン)
11-4/11-9/11-3

戸上隼輔(明治大)- 林兆恒(リンチャンフン)

男子予選リーググループ3試合結果(10/3時点)

日本(3勝0敗)
中国香港(2勝1敗)
ハンガリー(2勝1敗)
ルーマニア(1勝2敗)
イラン(0勝4敗)

文:ラリーズ編集部