サムスンのGalaxy Z Fold3 5Gは閉じると6.4インチ、開くと7.6インチのディスプレイを持つ折りたたみスマートフォンだ。2021年8月から海外で販売が始まり、日本でも10月に発売が予定されている。これまでの折りたたみスマートフォンは使い勝手に難点があり、特にディスプレイ表面に傷がつきやすいことなどから、誰もが使える製品とは言い難かった。



しかしGalaxy Z Fold3 5Gは本体の仕上げを高めるとともに、ディスプレイは専用のスタイラス(Sペン)の手書き入力にも対応、高速なCPUを搭載。折りたたみスマートフォンが特殊な存在ではなく、一般的なスマートフォンとして使える製品に進化した。

完成度を高めたGalaxy Z Fold3 5Gでサムスンはこれからのスマートフォン市場でどのような展開を行っていこうとしているのか。その戦略を推測してみた。