7年ぶりにセ・パ交流戦を勝ち越した広島カープ。「しゃ!」があふれる天谷宗一郎さん厳選シーンを笑顔で振り返ります。

RCC

石田充 アナウンサー
交流戦の順位をおさらいしておきましょう。優勝は楽天。その楽天に勝ち越したカープは5位。10勝8敗、注目は防御率1.85。12球団で唯一の1点台でした。

RCC

RCC野球解説者 天谷宗一郎 さん
すばらしい。これはすごいですよ。

石田充 アナウンサー
パ・リーグの難敵を相手にこの数字というのはさすが。ここに強さがあったのではということなんですが、濃い内容だった18試合、天谷さんがいろんな視点で選手たちを選びました。

あんたが大将 末包昇大 交流戦はこの男からスタート プロ初○○も記録!?

RCC

石田充 アナウンサー
まず、この人、末包昇大 選手のバットからカープの得点は始まりました。

天谷宗一郎 さん
そうですね。初戦(5月28日 オリックス戦)の1回表、ランナー3塁・2塁のチャンスで打つか打たないかっていうところで乗っていけるかどうかってのはあったと思うんです。しっかりと打ってくれてチームが乗れるようになったと思います。

RCC

石田充 アナウンサー
去年のこの時期はまだ1軍にいなかった末包選手でした。6月7日のロッテ戦ではランナーとして出塁すると、3年目のプロ初盗塁。

RCC

天谷宗一郎 さん
体は大きいですけど、スピードは速いですから、どんどん狙っていってほしいです。あんたが大将!

9球救援士 森浦大輔 NPB19人目の珍記録!!

RCC

石田充 アナウンサー
続いては “9球救援士” (6月1日 ソフトバンク戦)。

天谷宗一郎 さん
救急救命士ならぬ、ですね。

石田充 アナウンサー
9球で救援を終えたという 森浦大輔 投手が、NPBの歴史的なナイスピッチング。まずは3球で三振に仕留めると、2人目は見逃しストライク、空振りストライク、そして三振。

天谷宗一郎 さん
ボール玉をしっかりと振らせているところに価値があります。

石田充 アナウンサー
3人目もストレートで押しながら変化球も。追い込むと最後は見逃しの三振。9球全部、投げ終わったあと、ぴょんとはねていたんですけども、NPB19人目の3者連続 三球三振でした。

Goodバースデー賞 小園海斗 バースデータイムリー&交流戦セ最多○○

RCC

続いては “Goodバースデー賞” 。小園海斗 選手が輝きました。

天谷宗一郎 さん
誕生日(6月7日)に打てるというのもやっぱり持っているか、持っていないか、大きいと思うんです。その中で価値のある2点タイムリーですから。

RCC

石田充 アナウンサー
この試合は、先発ピッチャーの “あの方”が、“偉業” を成し遂げたゲームなのですが、その中でしっかりと打線の援護、大きかった2点でした。さらに小園選手は交流戦ではよく走りました。セ・リーグのランナーとしては一番盗塁を決めています。

RCC

交流戦 盗塁ランキング ソフトバンク・周東6 広島・小園5 楽天・小深田4

天谷宗一郎 さん
レギュラーシーズンもどんどん続けていってほしいです。

大谷キラーのSHOWTIMEで賞 ハーン 交流戦でベール脱ぐ 6登板で防御率0.00!

RCC

田村友里 キャスター
これは、どういう賞?

石田充 アナウンサー
大谷翔平 選手をメジャーで抑えていたのが、ハーン投手。交流戦で1軍デビュー(5月29日 オリックス戦)したんです。内容の濃いピッチングを続けています。

RCC

天谷宗一郎 さん
開幕前から救援陣は層が厚いといわれていた中で入っていったわけですから、より層が厚くなりました。交流戦のチーム防御率1点台っていうのも、うなずけます。

ベストダンディー賞 會澤翼 2年ぶり猛打賞 交流戦打率3割超え!?

RCC

天谷宗一郎 さん
主演男優賞と悩んだんですけれども、會澤選手が “ベストダンディー賞” 、これしかないかなと思います。

石田充 アナウンサー
オリックス戦(5月29日)では自身、2年ぶりの猛打賞もマーク。この日はチームで14点取ったというゲームでもあったんですが、あとはバッティングも好調で、出塁率がなんと5割。

RCC

會澤翼(交流戦)打率.353(17-6) 5打点 5四球 出塁率.500

天谷宗一郎 さん
所作、1つひとつがダンディーでしょう。

田村友里 キャスター
確かに。ベストダンディー。

先手必賞 秋山翔吾 1番バッターの大仕事 狙いすました一撃!

RCC

天谷宗一郎 さん
交流戦5連敗を覚えていますか。5連敗があった次の試合(6月5日 日本ハム戦)の先頭打者初球、これがもう先手必勝です。

RCC

ちょっとイヤな空気があったと思うんですけど、秋山選手がひと振りで空気を変えてくれた。まさにすばらしいホームランでした。

交流戦カープ新人賞 佐藤啓介 フルスイングが武器の大型新人 初出場

RCC

天谷宗一郎 さん
佐藤啓介 選手、「いつか、1軍に呼ばれるぞ」と非常に評価が高い中で呼ばれて、すぐに結果を残す(6月11日 西武戦でプロ初ヒット)。後半戦のキーマンになってもおかしくないのかなと、ぼくは思います。

石田充 アナウンサー
ベルーナドーム、ライオンズ戦(6月11日)でプロ初ヒットをマークすると、本来、セカンドが本職なんですが、ファーストの守備でファインプレー(6月13日)。

天谷宗一郎 さん
これはすごい。(ジャンプの)タイミングがドンピシャですよね。こういうプレーをすると、どんどん自分の起用の幅も広がります。

実は二刀流だった!?で賞 九里亜蓮 自身初1試合 複数打点&タフネス130球大熱投

RCC

石田充 アナウンサー
続いては、九里亜蓮 投手が、“受賞” しました。

RCC

天谷宗一郎 さん
打席の中の覇気はすばらしいですから。しっかりとやるべきことをやって、打点を挙げるんです(5月30日 オリックス戦でセーフティースクイズ)。すばらしいです。

石田充 アナウンサー
そのあとには犠牲フライも…

RCC

天谷宗一郎 さん
ぼくは見ていて、驚きました。「前へ飛ばした!」と思いましたけど、これも大きかったです。

石田充 アナウンサー
プロ11年目で初の複数打点をマークしました。そして、もちろん投げる方でもすごかったのが、ライオンズ戦(6月13日)。

天谷宗一郎 さん
シーズン序盤は苦しみましたけども、1つ勝ってから本人も乗っていけるところがあったんじゃないかなと思うんです。この日のピッチングはすばらしかったです。

石田充 アナウンサー
そして、最後、130球目がライトフライに。バックを守る 大盛穂 選手がファインプレー。九里投手、みごとな完封でした。

ぶち速えぇね 矢野雅哉 守備だけじゃない! 足でも打でも存在感

RCC

石田充 アナウンサー
矢野雅哉 選手が2塁ランナーでバントの場面(6月8日 ロッテ戦)、佐々木朗希 投手の1塁送球がじゃっかんそれたのを見て、再スタート。

RCC

天谷宗一郎 さん
判断もいいんですけれど、よく見てもらいたいのは、走路にキャッチャーのマスクが置いてあるんですよ。それを体で飛ばすぐらいのガッツ、そしてスピード感。これは本当にすばらしい走塁でした。

RCC

石田充 アナウンサー
そんな矢野選手、バッターボックスに立ったのが、6月14日(楽天戦)の延長11回。ゆっくり息を吐きながら打席に向かうところで…

天谷宗一郎 さん
もう1人いたんです、ここに “ぶち速えぇね” が!

石田充 アナウンサー
羽月隆太郎 選手が、三盗。これは、“助演男優賞” 的な働きですか?

天谷宗一郎 さん
ちょっと違うんですよ。

石田充 アナウンサー
最終的には矢野選手が、決勝の犠牲フライ。チームトップの3つ目の犠牲フライということで、非常に価値のある活躍。気がつけば矢野選手、盗塁の数もチームトップ。そして、規定打席にも到達しました。

ノーノー助演男優賞 田中広輔 起死回生ド級の一発&ノーノーを支えた好守備

RCC

石田充 アナウンサー
来ました。“ノーノー助演男優賞” は、田中広輔 選手。3点ビハインドのソフトバンク戦(6月2日)、9回・2アウト。バッティングですばらしい放物線を描きました。

天谷宗一郎 さん
そうなんです。この日も完封負けかなって思ったところでポンと(同点スリーラン)ホームランが打てる。経験の多さっていうんですか、そういうものをすごく感じました。

RCC

石田充 アナウンサー
そして、大瀬良大地 投手のノーヒットノーランの試合(6月7日 ロッテ戦)でファーストの守備。

RCC

天谷宗一郎 さん
初回、1アウト後のゴロの処理なんですけれども、非常に難しいプレーなんです。そのプレーをいとも簡単にあっさりとやってのける。早い段階で大瀬良投手が乗っていける要因の1つだったのかなと思います。

石田充 アナウンサー
そして、天谷さんが選ぶ “交流戦アワード” …、大賞は?

天谷宗一郎 さん
大賞は、この方しかいないでしょう。おめでとうございます。

交流戦カーチカチ大賞 大瀬良大地 ノーヒットノーラン達成

RCC

石田充 アナウンサー
マツダスタジアムで誰も成し遂げていなかった偉業を成し遂げた大瀬良投手。このノーヒットノーランがチームに与えた影響というのも大きかったですよね。

天谷宗一郎 さん
大きいですよね。何度見てもいいシーン。

石田充 アナウンサー
その大瀬良投手は、6月17日が33歳の誕生日。

RCC

天谷宗一郎 さん
トロフィーとか副賞はないんですけれども、この言葉で代えさせてもらいたいと思います。お誕生日、おめでとうございます。これが、“カーチカチ大賞” 。

石田充 アナウンサー
あと、“助演男優賞” は田中広輔選手ということで…

天谷宗一郎 さん
そうなんです。初回のあのプレーもそうなんですけれども、9回に「守っている方も緊張するんだから、しっかり投げろ」って大瀬良投手に言ったという。あれで雰囲気は和むと思うんですよね。ああいうことを言えるっていうのも含めて、助演男優賞に選ばせてもらいました。

石田充 アナウンサー
大瀬良投手と田中選手は、同期入団というつながりもあります。

(RCC「イマナマ!」カーチカチ!テレビより)