こんにちは!管理栄養士の楠本睦実です。

蒸し暑い日は喉越しがよく、ひんやりとした麺が食べたくなりますよね。皆さんが好きな冷たい麺料理は何ですか?
ランチに麺類を食べる方も多くいらっしゃると思いますが、おいしさはもちろん、ぱぱっと作れるものが嬉しいですよね。

今回は、冷やし中華やそうめん、冷製パスタなど、時間がなくても簡単に作れておいしく食べられるレシピをご紹介します。ぜひお気に入りのレシピをみつけて、暑い日のランチに取り入れてみてくださいね。

テレワークや夏休み中のランチに!ぱぱっと作れる麺料理を

テレワークが増えたり、お子さんが夏休みに入ったりすると、家族数人分のランチを作らないといけない機会も増えますよね。週末だけでなく、平日も数人分のランチが必要となると準備も大変!
そんな時期におすすめしたいのが、暑くて食欲がわきづらい日にもつるっと食べられる麺料理!

・冷蔵庫の残り食材で作りやすい
・時間がなくてもぱぱっと作れる
・あれこれおかずを作る必要がない

といった理由からも、ぜひ「麺」料理を夏のランチに活用いただきたいです。

夏に食べたいおすすめの麺料理を3つセレクト!

【夏のおすすめ麺料理(1)トマトとツナののっけそうめん】
夏の定番、そうめん。茹でるだけなので準備もとても楽ですよね♪家に常備してあるご家庭も多いはず。
ただ、手軽に作れる一方、たんぱく質や野菜が不足しがちになるので、トマトとツナ缶をあえ、そうめんとともにいただくと栄養バランスも良くなりますよ。
                                 
【夏のおすすめ麺料理(2)具沢山冷やし中華】
彩りの良い具だくさんな食材で、栄養バランスも整いやすく、おすすめの麺料理の1つです。最近では茹でずに水でほぐすだけで食べられる商品もあるので、時間のないときはおすすめです。
かさ増ししたいときには、もやしを麺と一緒に茹でるのがおすすめ。ボリューム感は出るのにヘルシーにいただけますよ。

【夏のおすすめ麺料理(3)生ハムとズッキーニのレモンカッペリーニ】
カッペリーニは、イタリア語で髪の毛のように細いという意味を持ちますが、細さはそうめんと同じくらいです。冷製で調理することが主流で、夏にぴったり。
特に生ハムとズッキーニ、レモンでさっぱりいただけるカッペリーニがおすすめです。ズッキーニは薄切りにし、レモン、生ハム、オリーブ油と和えます。風味もよく、夏らしい1品になりますよ。
レモンの酸味で疲れも吹き飛びます!

ここからは楽天レシピに投稿されたレシピの中から、おすすめの冷たい麺レシピをピックアップしてご紹介します!

ひき肉となすを乗せて!ピリ辛そうめん

夕飯で麻婆なすを多めに作ったら、翌日のランチはそうめんに乗っけるだけで楽に1品完成!ピリ辛なひき肉となすに喉越しの良いそうめんは相性ばっちりです。


「挽肉茄子のピリ辛素麺」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860006119/

見た目もおしゃれ!サーモンとアボカドの冷製パスタ

特に女性に人気のサーモンとアボカドは、夏の紫外線でダメージを受けた肌にも嬉しい組み合わせです。ソースはしっかりと乳化させるのがポイント!バジルはソースに刻んで入れることで、香りもよく、まるでお店で頂くような1品に仕上がりますよ。


「手軽におしゃれ☆サーモンとアボカドの冷製パスタ」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410008004/

甘辛い肉味噌がやみつきに!ジャージャー麺

甘辛い肉味噌をのせたジャージャー麺。肉味噌と中華麺、さっぱりとしたきゅうりで箸がすすむ1品です。暑くて食欲がいまいちと思っていても、完食間違いなしの1品ですよ。


「夏だ!ジャージャー麺」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770004272/

そうめんをアレンジ!コチュジャンでビビン麺

そうめんをアレンジしたビビン麺レシピ。そうめんにコチュジャンの入ったたれを絡めた、甘辛でやみつきになる1品です。麺は茹でたらしっかりと水を切って、あえるのがポイントです。


「ビビン麺」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1380010501/

食欲のないときにも!なめこおろしそば

暑い日にぴったり!なめこと大根おろしで、つるっと喉越しよくいただける1品です。胃腸のはたらきを助ける大根おろしになめこ、海苔やネギといった食材は、食物繊維やミネラルもしっかりと補給できます。


「冷やしなめこおろしそば」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1240007400/