ファーウェイの折り畳みスマホ、発売9月に延期―米メディア

2019年6月14日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトによると、中国の華為技術(ファーウェイ)は、今年2月に発表し、6月に発売を予定していた折り畳みディスプレー搭載スマートフォン「Mate X」の発売を9月まで延期することを明らかにした。

理由は、サムスンの折り畳みスマホ「Galaxy Fold」が正式発売前に不具合が相次いだことを受け、「Mate X」の追加テストが必要になったためだという。

米CNBCやウォール・ストリート・ジャーナルによると、ファーウェイの広報担当者は、「Mate X」の発売を9月に延期するとした上で、サムスンの折り畳みスマホの問題を受け、「より慎重になった」と語ったという。

記事によると、ファーウェイは米製品輸出禁止対象企業一覧「エンティティー・リスト」に登録されているが、Mate Xに搭載するOSについて、広報担当者は「米グーグルのAndroid OSを引き続き使用することになる」と語ったという。

「Mate X」はファーウェイ初の折り畳みスマホで、次世代通信規格「5G」に対応。欧州での販売価格は2299ユーロ(約29万円)で、月産台数は10万台以上に達するとの見通しを示している。(翻訳・編集/柳川)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索