5Gの高速通信で「破産」?通信料は4G以下になる―中国メディア

5Gの営業許可証が発行され、中国は5G商用化元年に突入した。5Gはこれから私たちの生活にどんな便利さをもたらすだろうか。いつになれば5G携帯電話を本当に使えるようになるだろうか。5Gの料金は高くないのか。このような疑問に対し、中国科学技術協会がこのほど開催したイベント「科学麻辣燙」で、通信業界の専門家と大学の専門家がそれぞれの見方を示した。「北京晩報」が伝えた。

工業・情報化部(省)通信科学技術委員会の張新生事務局長は、「5Gは消費市場と業界の応用市場で幅広く応用されることになり、世界で12兆3000億ドル(約1317兆2070億円)の売り上げを生み出す潜在力があると同時に、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能(AI)などの新技術に背中を押されて、まったく新しい、開放的で融合型のスマート化ネットワークになることが予想される」と述べた。

中国情報通信研究院の胡堅波チーフエンジニアは、「モバイルネットワークとモノのインターネット(IoT)は5G発展の主な駆動力だ。2030年までに、モバイルインターネットが接続するデバイスの総量は1000億台を超え、モバイル事業の通信量は数万倍増加して、すべてのモノとコトがつながる「IoE」を真に構築することになる。人間の脳からの指令が届いて体が反応するまでにかかる時間は約20-30ミリ秒だが、5Gもテストでミリ秒単位の反応速度(遅延)を達成しており、これは未来の5Gが自動車の自動運転や遠隔医療、救急救助活動などで大いに活躍できることを意味する」と述べた。

筆者の取材によると、北京ではすでに多くのエリアで5G信号がカバーされており、例えば、中関村エリア、学院路の一部の大学、一部の地下鉄・都市鉄道の沿線エリアなどが含まれる。許可証発行を受けて、電気通信事業者(通信キャリア)も5G基地局の建設を全力で推進しており、これから端末の電波の状態はますますよくなるとみられる。北京郵電大学の学生が語ったところによると、「大学の基地局近くで実際にテストしてみたところ、5G通信のダウンロード速度は毎秒数百メガバイトに達し、最大(ピーク)通信速度はギガバイトに迫り、アプリケーションは一瞬でダウンロードでき、秒速で画面を切り替えて動画を見てもまったく問題がなかった」という。

通信速度が速くなると、通信量が増えて「破産する」ことにならないだろうか。同大経済管理学院の黄秀清教授は、「市場競争の下で、5G通信量の単価はネットワークが普及しユーザーのニーズが増えるにつれて徐々に下がっていく。将来は5Gの通信量単価が4Gよりも低くなる」との見方を示した。

5Gはこのように素晴らしいものだが、RF(無線周波数)モジュールやポートが異なるため、5Gの神秘を体験しようと思えば、携帯電話を買い換えなければならない。すでに発売されている5G端末は、価格が約5000元(約7万7732円)から約8000元(約12万4372円)と全体的に高めだ。しかし胡氏と黄氏はそろって、「現在、華為(ファーウェイ)、サムスン、小米などの端末メーカーが5G端末の研究開発と製造を非常に積極的に進めており、今年下半期から来年にかけて5G端末が大量に出回るとみられ、そうなれば価格も大幅に低下する」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集KS)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索