中国が人工知能分野で世界をリードするのに障害となる3つのこと―英誌

2019年8月22日、環球時報は、英ネイチャー誌の記事を引用し、「中国が人工知能(AI)分野で世界をリードするのに3つのことが障害となる」との記事を掲載した。

記事は、「中国はAIの分野で世界をリードすることを願っており、研究の質においてもすでに驚くべき飛躍を遂げている」と紹介。しかし、中国のAI計画には3つの障害があるという。

記事は、その1つが「AIを支持するハード面での遅れ」だと主張。西安交通大学の人工知能ロボット研究所の鄭南寧(ジョン・ナンニィン)所長は、「中国はすでにコンピューターによる視覚や音声認識、自然言語の処理などの分野では世界一流の企業を有しているが、『道具』という方面ではいまだに遅れている」と指摘。例えば、米国の学者や企業は、ディープラーニングのプラットフォームを研究開発しており、設計、建造、訓練の一連のシステムによってコンピューターにより人の脳に近い方法で計算させることができるようになっていて、こうしたプラットフォームは世界各地の産業や学会で広く応用されているという。

しかし中国では、「百度などが開発したオープンソースプラットフォームがAI製品の研究開発に使用されているとはいえ、ハード面でまだ後れを取っている」と指摘。また、中国には先進的なAIシステムを支持するコンピューターチップ設計の専門技術も欠けているという。鄭所長は「中国はあと5年から10年経たないと、基礎理論とアルゴリズムで米英のレベルには追い付かないだろう」としている。

別の障害として記事は、「研究者の不足」を指摘。17年の時点で、中国はAI科学者と技術者数が約1万8200人で、米国の2万9000人に次ぐ世界第二の規模を誇るが、最先端のAI研究者数では世界6位にすぎないという。

3つ目の障害は「適切な管理システムの構築」。記事は、「適切な管理システムがあれば、中国の研究者と企業が世界中のユーザーからの信用を勝ち得ることになり、他国の研究者と協力できる。AI分野で世界的な影響力を与えたいと思うなら、適切な管理システムは非常に重要」と指摘。「中国企業がこの方面で良い発展を見せないならば、世界のデータを獲得することはできない」と論じた。(翻訳・編集/山中)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索