EVバッテリー市場にも韓流?「韓国が笑い、日本が泣いた」と韓国メディア

2019年10月21日、韓国・東亜日報は「電気自動車(EV)バッテリー市場でも…韓国が笑い、日本が泣いた」との見出しで、韓国のバッテリーメーカーの躍進ぶりを伝えた。

記事によると、エネルギー市場調査会社・SNEリサーチの調査で、昨年8月の世界のEV用バッテリー使用量(出庫量)は、昨年同月より10%減の7.1GWhと集計された。月基準で減少したのは、2017年1月以降2年7カ月ぶりだという。

上位10社のうち使用量が増加したのは5社のみで、日本や中国などグローバル市場が低迷する中で韓国メーカーはいずれも使用量が増えたという。これについて記事は「市場再編が起きていることを意味する」と伝えている。

同期間中に、LG科学は使用量が79.9%増加。月間市場シェアも昨年の6.3%から12.6%に増加し、中国のCATL(33.5%)、日本のパナソニック(23.2%)に次いで3位だった。サムスンSDIは使用量が10%増え、シェアは4.4%で6位に上昇。SKイノベーションも使用量が8.1%増え、シェア1.85%で9位にランクインした。これにより、韓国メーカー3社の市場シェアの合計は18.8%となり、前年比7.4ポイント増えたという。

これを受け、韓国のネット上では「全ての面で韓国が先に笑わなければならない。日本製品撲滅」「ユニクロの不買運動をするのではなく、こうやって日本に勝てばいい」「今後はバッテリー分野も韓流か?」と喜びの声が上がっている。

一方で「バッテリーでは笑っていられても、バッテリーが入る自動車は日本が世界最強。自画自賛するより体系的な対策が必要」「10社中1社勝てば(日本より)いいの?」と指摘する声も上がり、中には「日本との競争では勝ちのニュースしか聞こえてこない。それなのに韓国経済はなぜこんなに苦しいのか」と嘆くユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る