日本製品ボイコットが効果、韓国の対日貿易赤字が過去16年で最低に?―米華字メディア

2019年11月18日、米華字メディア多維新聞は、日本製品ボイコットの影響により、韓国の対日貿易赤字がこの16年で最低水準になる可能性があるとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国・聯合ニュースの18日付報道を引用。韓国産業通商資源部などが同日発表したデータで、今年1〜10月における韓国の対日貿易赤字額が前年同期比で20.6%減少して163億6600万米ドル(約1兆7800億円)となったことを紹介。2003年以降の同時期で最も低い水準であり、10年の半分程度だとした。

そして、対日貿易赤字減少は輸入減が輸出減を大きく上回ったことによるもので、その背景にはサムスン電子やSKハイニックスが世界的なメモリ業界の不況に伴って設備投資を調整し、日本製の半導体部品や設備の輸入を大幅に減らしたほか、製品ボイコット運動により自動車、服飾、酒類、電子製品などの主要な消費財の輸入も大きく減少したことが背景にあるとの分析を伝えている。

また、専門家の予測として、来年に半導体業界の市況が回復すれば対日貿易赤字は再び増加する可能性はあるものの、中長期的に見れば対日貿易環境は「これまでとは異なる局面が発生する」可能性があるとした。

記事は、今回の貿易統計について韓国政府関係者が「結果的に日本による対韓貿易規制が『良薬』になった」との認識を示す一方で、不安定要素が多いことから政府として産業の競争力強化に尽力する姿勢を示したと紹介している。(翻訳・編集/川尻)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る