2021年4月15日、頭条新聞は、浙江省で川に飛び込んだ女性と救助しようとした男性が水中で殴り合いを始めたと報じた。
記事は、同省瑞安市で13日に、市内を流れる川に女性が飛び込んだと紹介。その様子を見た男性が救助のために川に入ったものの女性は救助を拒否、やがて2人は水の中でつかみ合いのけんかを始め、男性が女性の頬を何度も平手打ちすれば、女性も男性の顔を叩いて応戦したことを伝えた。
2人がけんかを始めた理由ははっきりしないが、記事によると女性は一向に水から出ようとしなかったという。最後は現場を通りかかった人たちで協力して女性を引き上げたようだ。
この件について、中国のネットユーザーは「命がけで救助してくれようとしている人を殴るとは、とんでもないな」「もし自分が救助する側だったとしても、きっと怒るだろうな」「なんとしても死にたい者と、なんとしても助けたい者。両者の決意がぶつかると、最後は戦いで決着をつけざるを得ないのだろうなあ」「頑として救助を拒む人には、場合によっては意識を失わせて救助すべき」といったコメントを残している。
また、男性が女性を何度も平手打ちしたことについて「助けようとしたのはいいことなんだけど、ちょっと殴り過ぎじゃないかな」と指摘するユーザーも。さらには、「立てるほど浅い川なんだから、救助しなくてよかったのでは」「水深が浅すぎて、演技しているようにしか見えない」との意見もあった。(翻訳・編集/川尻)