2021年4月20日、韓国・MBCによると、ソウル市内の衣料品店で店員の顔を叩くなどした駐韓ベルギー大使夫人の映像が公開された。
映像は9日に撮影されたもので、レスクイエ駐韓大使の妻がソウル市内の衣料品店で店員に向かって指をさして何かを抗議する様子が映っている。怒った夫人が職員の後頭部や頬を叩く場面も見られる。
記事によると、夫人は同店で販売されている服と同じものを着て来店し、別の服を試着した。その後何も購入せずに店を出たが、「商品を着たまま店を出た」と勘違いした店員に呼び止められ、会計するよう求められた。過ちに気づいた職員はすぐに謝罪したというが、怒りが収まらなかった夫人は約2分後に店に戻り激しく抗議し、ついには暴行まで加えたという。
大使夫人には「外交関係に関するウィーン条約」により免責特権が認められている。
韓国警察は現在、当該映像を基に事実関係の確認を行っており、韓国外交部は「捜査機関と協力して違法行為に厳重に対応する」との立場を示しているという。
これを見た韓国のネットユーザーからは「免責されることを知っていてわざと殴ったに違いない」「誤解されて悔しかったのは分かるけど、外国でこんなことをするなんて韓国を見下している証拠だ」と怒りの声が相次いでおり、「国は他国によく見られることより国民を優先するべき」「大使をベルギーに追放し、韓国もベルギー大使を帰国させよう」と厳しい対応を求める声も。
一方で「泥棒を疑われたのだから怒って当然」「叩くのはいけないけど、一番悪いのは泥棒扱いした店員」と夫人を擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)