2021年4月20日、韓国・マネートゥデイによると、休暇から戻り部隊内で隔離期間を過ごした兵士が「食事が粗末すぎる」として公開した写真が物議を醸している。
情報提供者は陸軍所属で、ネット上の軍隊関連コミュニティに「携帯電話は持ち込めず、テレビもなく、食事はこんな内容だ。監獄も同然だ。休暇を取ったのが罪なのか」「よそではどんな食事が出ているのか気になる」と書き込んでいる。写真に写る食事は、プラスチックの弁当箱に白米、のり、キムチの他、おかずが盛られているが少量だ。
これを見た韓国ネットユーザーからは「これはひどすぎる」「誰が見ても粗末すぎ」「国防費はどこに行った?。兵士の食事がこんなのだなんて」「いっそコンビニの弁当を買ってあげたらいい」「立派な青年たちを無料で雇ってるんだから、国防部は良心を持て」「まるで奴隷だな。ふざけてる」「兵士ということは20代前半くらい、よく食べる年代だよ。これじゃ腹がすくだろうな」「国を守る軍人なのに、こんな待遇だなんて」「これが事実なら実態調査をすべきだ」などの声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)