中国広西チワン族自治区柳州市で14日、不動産管理会社の従業員4人が口論となった家主らを消火器で追い払うという事態が起き、この4人に行政拘留と罰金が科せられたことが16日発表された。

中国メディアによると、家主30人余りが管理費が高すぎることなどを理由に当時、消防訓練の最中だった管理会社などと交渉を行った。その後、口論となり、管理会社の4人が消火器を噴射。家主6人が負傷して病院で手当てを受けたが、幸い大事には至らなかったという。

これに中国のネットユーザーからは「管理会社の方が主みたい」「やっとの思いで家を買っても管理会社の顔色をうかがわなければいけないのか」「もし持っていたのが農薬だったら…」「何がしたかったの?」「消火器はそういうことに使うものじゃないよ」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)