中国広西チワン族自治区の動物園で16日、飼育されているメスのアムールトラの瘦せこけた姿が観光客によって撮影された。

中国メディアによると、この動物園は柳州市にある柳州動物園で、宣伝教育部の責任者は17日受けた取材に「2010年に園に来た当時、すでに慢性胃腸炎を患っていた」と説明。ずっと治療を続けており、現在の体重は80〜90キロだという。また、ネットユーザーが疑問を寄せた毛の汚れについて責任者はトラ舎に池があることや最近の降雨に言及。園が現在、トラ舎の改造を進めていることも紹介した。

これに中国のネットユーザーからは、「早く元気になって」「かわいそう。見ると暗い気持ちになる」「他の動物園のトラに比べてあまりにも痩せすぎ。もししっかり世話ができないなら他の動物園に託してはどうだろうか」「動物園はひどい。自然の中に保護区を設けるのはだめなの?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)