河南省は最近、これまでに経験のない記録的な大雨に見舞われた。特に省都である鄭州市の豪雨被害が人々の懸念を呼んでいる。中国航天科技集団八院が21日に明らかにしたところによると、「風雲2号」「風雲3号」「風雲4号」などの軌道上を周回中の複数の衛星がいち早く被災地の衛星観測資料を取得し、気象サービスにデータサポートを提供した。科技日報が伝えた。

鄭州市の豪雨被害に効果的に対処し、いち早く被災地に気象サービスデータサポートを提供するため、衛星と地球で緊密に連携し、21日午前10時30分に緊急で風雲4号B星の高速イメージャー高頻度連続観測モードを起動し、視界を河南省の上空に向け、リアルタイムで河南省の雨の勢いや状況の変化を観測し、リアルタイムの気象状況研究・判断及び今後の被災状況評価にハイテク衛星観測サポートを提供した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)