中国江蘇省の省都・南京市で新型コロナウイルスの感染が拡大している。

同市政府によると、23日の新規感染者は12人。症状別では、軽型(軽症)が3人、普通型(普通症状)が9人。ほかに無症状の感染者が新たに4人確認された。

報道によると、同市では20日以降、南京禄口国際空港の職員を中心にクラスターが発生している。24日午前0時時点の感染者は53人。大部分が空港職員で、他は空港職員の濃厚接触者。

同市は25日午前11時から、全市の常住人口と同市を訪れた全ての人を対象とした2回目のPCR検査を行う。(翻訳・編集/柳川)