2021年9月15日、韓国メディア・韓国日報は「日本の若者はなぜ恋愛をしないのか?」と題する記事を公開した。

記事は2020年末に東京大学の研究チームが発表した調査結果を紹介。「過去30年間において日本の18〜39歳の未婚の男女のうち交際相手のいない人の割合は増加傾向にあり、15年の時点で30代の未婚男性の3人中1人、未婚女性の4人中1人に恋人がないことが分かった」と伝えた。

その理由については、「一般的な認識を覆す内容もあった」と報道。「テレビCMなどではシングルライフというと自分の趣味に没頭し自由気ままな生活を楽しむ姿が描かれることが多いが、実際は男女共に収入や学歴が低く、職業が安定していないほど独身が多い。つまり、多くの若者が経済的困窮と生活への不安により恋愛ができず独身状態に陥っている」と説明した。

しかし記事は、日本の多くの大学生が「恋人がいなくて残念」というよりも「恋人の必要性を感じない」と話していることにも着目し、その背景にはソーシャルネットワークの普及があると指摘している。ソーシャルネットワークがあれば、いつでもどこでも多くの人と繋がり趣味や感情を共有することができ、オンラインゲームやインターネット検索などで退屈を紛らわすこともできる。そのため「恋人がいなくても孤独を感じず、恋愛をしなくても十分に楽しい」状態にあるのではないかと推測する。

また、「恋愛相手と親密な関係を維持するために努力することを負担に感じる若者もいる」とし、化粧やファッションはもちろん、生活のすべてを面倒臭く感じて恋愛を放棄する女性を指す「干物女」という言葉が過去に流行したことも紹介。逆にアルバイトに励み毎年海外旅行をするような活動的なタイプであっても、「自分の趣味を理解し、一緒に楽しんでくれるような相手を見つけるのは簡単ではないはず」と分析。さらに新型コロナウイルスによりオフラインでの出会いや交流の機会が減少していることも、恋愛を難しくする要素として挙げている。

最後に記事は、「恋愛という私的な問題が社会的関心事になった背景には、現代社会の根幹である結婚制度が脅かされているという危機意識がある」とし、「10年以上も前に65歳以上の人口の割合が20%を超える『超高齢化社会』に突入した日本では、若者の非婚と少子化は深刻な問題として認識されている」と説明。同時に「日本とは状況が異なるとはいえ、恋愛を幸福と自己実現の必須条件と考えない傾向は、韓国の若者たちも同じ」とし、「少子化による人口減少は日本よりも深刻であり、結婚や出産へのハードルを下げるための政策もあふれている。ただ『結婚だけが恋愛の終着駅ではない社会』『出産が結婚の十分条件とされない社会』を作ることも重要」と主張している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「これは完全に韓国の話じゃないの?」「他の国を心配している場合?。出産率の世界最下位は韓国だよ」「韓国も独身の30代・40代は増えてる。今は日本より韓国の方が恋愛結婚をしない傾向にあるはず」「僕も自分の生活で手いっぱいで余裕がないし、恋人が必要だとも思わない」など、共感の声が多く寄せられている。

一方では「女性たちは矛盾している。口ではフェミニズムを主張しながら、なぜ経済的には男性に依存するんだ?」「韓国の若者は恋愛ができないから社会に対する不満だけが積もっているんだね」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)