2021年9月16日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の窃盗団が長崎県対馬市の観音寺から盗んだ仏像「観世音菩薩坐像」は「偽物」だとする主張が撤回された。

記事によると、韓国の大田高裁で15日、仏像の所有権を主張する浮石寺(忠清南道瑞山市)が、仏像を保管する韓国政府に引き渡しを求めた訴訟の控訴審が開かれた。韓国政府の代理を務める検察は「観世音菩薩坐像と決議文の真偽についてはこれ以上争わない」との考えを示したという。記事は「1330年に浮石寺で観世音菩薩坐像が制作されたとする文化財庁の鑑定結果を受け入れるという意味だ」と説明している。

検察はこれまで、窃盗団が仏像を釜山港から運び入れる際に「贋作」と判断した鑑定委員を証人として出廷させ、仏像が「偽物」であると主張していたという。

一方、裁判の進行に関しては、検察と浮石寺側で意見が対立した。検察は「観音寺が参加するまで遅らせるべき」と主張。これに対し浮石寺側は「観音寺の参加意思がはっきりしていないので、このまま進行して結論を出すべき」と反論した。これを受け、大田高裁は「次の公判までに観音寺の参加意思がはっきりしない場合、裁判を終わらせる」とした。次の公判は11月24日に開かれる予定だという。

この事件は2012年10月に発生し、日韓間の外交問題にまで発展した。仏像は高さ50.5センチメートル、重さ38.6キログラムで、1330年に浮石寺で制作され、その後「倭寇」の略奪により日本に渡ったとされている。裁判で窃盗団は「日本が略奪した文化財を取り返したので、われわれは愛国者だ」などと主張したという。

一審は「仏像に『高麗国 書州(瑞山)』との記録はあるが移転された記録はない」として浮石寺の所有権を認める判決を出した。日本はこれに反発し韓国政府に返還を求めているが、裁判中のため仏像は現在も太田市の国立文化財研究所に保管されている。

これに韓国のネットユーザーからは「当然の結果。今後も国外に搬出された国宝級の遺物を本来あるべき場所に戻してほしい」「彼らは窃盗団ではなく英雄だ」「日本が返してくれないから仕方なく取り返しただけ」「盗まれたものを盗み返したのだから、今が正常な状態では。取り返してくれた愛国者に賞を与えるべき」「裁判を永遠に続ければ日本に返さずに済む」など窃盗団や浮石寺側を支持する声が数多く上がっている。

一方、一部では「盗んだものはちゃんと返そうよ」「とりあえずは返して、その後国際社会に訴えて正式に取り戻すべきだ」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)