米華字メディア・多維新聞は15日、日本のあるアニメが「軍国主義を美化し、中国を侮辱している」として中国のネット上で物議を醸していると伝えた。

記事によると、問題視されているのは小説を基にアニメ化された「幼女戦記」。同作は、エリートサラリーマンが死後に20世紀初頭の欧州のような場所に少女として転生、軍人としてステップアップしていく様子を描くが、その内容から中国のネット上では軍国主義的だとの批判や、南京事件と重ね合わせて非難する声が上がっているという。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のある認証アカウントは同作について「軍国主義を美化し、中国を貶める内容が大量に含まれているにもかかわらず、国内の正規ウェブサイトで配信されている(視聴には会員登録が必要)」と指摘。配信しているテンセント・ビデオ(騰訊視頻)、iQIYI(愛奇芸)をメンションし、「第2期の制作も進んでおり、数カ月後には全世界で放送される。まだ削除されていないのはとんでもないことだ」と主張した。

多維新聞の記事もこうした批判に同調しているようで、「(同作の声優の)早見沙織、戸松遥は中国侮辱アニメとして知られる『魔法科高校の劣等生』に出演したという“前科”があり、悠木碧は『幼女戦記』の興行を盛り上げるためにナチスを思わせる軍服を着て、日本の民衆の軍国主義感情をあおったことがある」などと伝えている。

また、今年8月15日の終戦の日前後には、中国の大手映画情報サイト・豆瓣(Douban)で宮崎駿の「風立ちぬ」や「紅の豚」、小津安二郎の「東京物語」、「戦場のメリークリスマス」といった作品に相次いで低評価や中傷コメントが付けられたが、記事はこれについても「第2次世界大戦に関わる日本映画は、制作チームの中に中国侵略戦争に関わっている人がいたり、ストーリーが中国侵略戦争に関係していることから不評を買った」と説明。「多くのネットユーザーは日本のいわゆる反戦映画は『反戦争』ではなく『反戦敗』であると批判している」と伝えた。(翻訳・編集/北田)