「みろく - 終わりの彼方 弥勒の世界 −」展が今月11日から10月10日まで、東京芸術大学美術館で開催されている。同展では文化財のスーパークローン技術を駆使して甘粛省敦煌市莫高窟の275窟や57窟などの文化財が復元されている。来場者は、実際に莫高窟に来たかのような気分になり、敦煌文化のムードを肌で感じることができる。人民網が報じた。

スーパークローン技術が文化遺産に息を吹き込む

1650年以上の歴史を誇る莫高窟は、世界において現存している最大規模で、その内容が最も豊富な仏像美術の聖地で、1987年に世界文化遺産に登録された。洞窟内の文化財である彩色塑像や壁画は、土や木材、わらなどで作られているため、月日が経つにつれて、保護がどんどん難しくなっている。

文化財のスーパークローン技術とは、シミュレーション技術とデジタル技術を組み合わせて、文化遺産を本物そっくりに復元する技術だ。その最大の特徴は、流失、破損、消失してしまった美術品を復元したり、紛失してしまったり、不完全、または破損した文化財の修復を試みることができる点だ。東京芸術大学の宮廻正明名誉教授によると、中日双方は、技術協力を通じて、莫高窟の第275窟と第57窟の文化遺産のスーパークローンを製作した。最新のテクノロジーと独自の修復技術を組み合わせ、かつての輝きを再現した。莫高窟第275窟の交脚弥勒菩薩像は、敦煌研究院が提供した3Dスキャンデータとハイビジョン画像をベースにして、実際の洞窟の70%の大きさで立体復元に成功。さらに、破損していた左手と右手の部分も復元し、手軽で、持ち運びしやすい組み立て式の壁面を採用し、様々な角度から見学できる形で展示されている。

スーパークローン技術が敦煌文化の継承に一役

文化遺産は、保護しなければならないと同時に、一般公開したり、共有したりする必要もあるというジレンマを抱えている。社会が発展する過程で、中日双方は、科学技術の分野で協力し、文化財のスーパークローン技術を駆使して敦煌文化の歴史を復元。日本の人々が敦煌文化を理解し、敦煌との距離をさらに縮めることができるようにしている。

宮廻名誉教授によると、美術作品はもちろんのこと、文化の継承も、人々が一層注目すべき点となっている。文化財のスーパークローン技術は、「文化財保護」と「一般公開」の間にあるジレンマを解消し、人々の文化資源に対する注目を高め、理解を深めることができるようにすることができる。宮廻名誉教授は、「日中双方が協力、交流し、世界遺産である莫高窟の復元に成功した。これは、文化遺産を継承するうえで、非常に価値あることだ」と強調する。

同展は東京芸術大学、平山郁夫シルクロード美術館、日本経済新聞社が主催、敦煌研究院が共催。21日には、オンライン国際シンポジウム「 危機迫るアフガニスタン文化遺産 〜『青の弥勒』からのメッセージ〜 」も開催されることになっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)