2021年10月28日、韓国・ニュース1によると、ソウル市内で5月、飲酒して車を運転しタクシーに追突する事故を起こしたとして、特定犯罪加重処罰等に関する法律違反(危険運転致傷)などの罪に問われた女性アイドルグループ・AFTERSCHOOL元メンバーのリジ(パク・スヨン)に対し、ソウル中央地裁が罰金1500万ウォン(約145万円)を言い渡した。求刑は懲役1年だった。

記事によると、担当裁判官は判決理由について「交通事故を起こして被害者に傷害を負わせた上に血中アルコール濃度も高く、相応の処罰が必要だ。ただ、初犯である点や被害者と示談した点を考慮した」と説明した。

リジは事故の事実が報じられた後、インスタグラムのライブ配信で「本当に申し訳ない。もうこれで人生が終わった。みんなを失望させてしまった」と泣き崩れた。一方で「タクシーの運転手は軽いけがだったのに過剰に報じられた。死ねと言われているようだ。誰でも人生で一度はつらい時機を経験するのものではないか」など被害者の軽傷をアピールするような発言もして批判を浴びていた。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「飲酒運転は単なるミスではない。許される判例をつくってはならない。人が死んでもミスで済ますのか?飲酒運転は殺人行為だ」「誰でも人生で一度くらいは飲酒運転事故を起こすもの、ではないよ。刑事処罰を受けるべき」「飲酒運転は習慣化する可能性が高い。もっと厳しい罰を与えるべき」など判決に不満を示すコメントが寄せられている。

一方で「タクシーをたくさん利用するとか、断酒をするとか、そうやって償いつつ謙虚に生きていけばいい」と応援するコメントや、「まだ人生は終わってない。飲酒運転の前科があっても大統領候補になれる人だっているんだから」「4回の飲酒運転に詐欺まではたらいた人が堂々と大統領になると言っている。リジの芸能生活にも何の影響もないはず」など、次期大統領選挙の与党「共に民主党」候補となった李在明(イ・ジェミョン)氏に言及するコメントも多数見られた。(翻訳・編集/堂本)