中国メディアの観察者網は24日付で、これまでの各種報道をまとめて、曳航(えいこう)中に沈没したと伝えられたレストラン船の「ジャンボ・フローティング・レストラン(珍宝海鮮舫)」が、現在も完全には沈んでいないと紹介する記事を発表した。これから完全に沈める作業をする見込みという。

「ジャンボ・フローティング・レストラン」はもう一隻の「タイハクフローティングレストラン(太白海鮮舫)」と共に、水上レストランの「ジャンボキングダム(珍宝王国)」を構成していた。同レストランは2019年には香港民主化デモ、さらに2020年からは新型コロナウイルス感染症の流行などで観光客が激減したために、経営が成り立たなくなった。香港政府は第三者により営業再開を考慮していたが、引き受け手が見つかる前に船舶免許の期限が切れる見通しとなり、カンボジアにえい航されることになった。

香港を6月14日に離れたが、風や水の影響で浸水し始め、19日に転覆したとされる。沈没したとの報道もあったが、観察者網記事によると完全には沈んではおらず、タグボートも現場にとどまっているという。

船主である香港仔飲食集団は24日になって、当初の発表について「全面的に浸水して転覆した」と表明したのであり「沈没」の語は使っていないと説明した。

香港ケーブルテレビの24日付の報道によると、「ジャンボ・フローティング・レストラン」に取り付けられた8基の浮力タンクのうち、6基はまだ機能しており、同船は転覆したが船体の一部は海面に露出している。



「ジャンボ・フローティング・レストラン」はカンボジアへのえい航を予定していた。これまでに「故意に沈没させた」との説も出たが、タグボート会社の役員は「船員は全員韓国人であり、船主が従業員を説得して沈没させることは不可能だ」と述べた。また、「ジャンボ・フローティング・レストラン」は出港前には良好な状態で、事故は想定外だったと説明した。

同役員は「ジャンボ・フローティング・レストラン」の今後について、船主と保険会社は保険の問題や引き揚げ作業が困難なことから、潜水士を投入して機能している浮力タンクを破壊し、船体に穴を開けて海底に沈める手配をしていると説明した。(翻訳・編集/如月隼人)