打楽器と管楽器の編成で演奏される「西安鼓楽」は、中国国内でこれまでに誕生し、最も整った形で保存されている大型の民間器楽形式の1つで、「古代の交響楽」「中国古代音楽の生きた化石」などと称えられる。

西安鼓楽の楽譜は唐-宋時代の俗字による記譜法を今でも使用し、1千年以上にわたり、民間の音楽名人、音楽家、アーティストらが口伝えで楽曲の魂を伝承してきた。現在、陝西省西安地区で活動する鼓楽社は6社だけとなり、東倉鼓楽社はその中の1つだ。同社は数十年にわたり、伝統的スタイルで古代の楽曲を習い伝え、披露してきた。

2021年、唐時代の音楽と踊りのパフォーマンス「大唐楽舞」と東倉鼓楽が融合した革新的な舞台劇「鼓」が上演され、これまでにない音楽編成、ストーリー性と娯楽性を兼ね備えたスタイルにより、「千年の生きた化石」に新たな生命を吹き込んだ。

 革新によって新たな命が吹き込まれる「中国古代の交響楽」

西安市にある大唐芙蓉園で撮影された大唐楽舞と東倉鼓楽が融合した革新的な舞台劇「鼓」の舞台写真。(撮影・劉瀟)



今年4月、東倉鼓楽社の若いメンバーがショート動画プラットフォームでオンライン中継を始めると、わずか2カ月でアカウントの登録者は4千人から40万人近くに増え、視聴した人は2千万人以上になり、インターネット全体の検索数は1億回を超え、中国国内はもとより海外でもますます多くの視聴者が唐時代の響きに耳を傾けるようになった。

東倉鼓楽社を主管する斉興峰さんは、「今後、私たちのパフォーマンスは伝統的な鼓楽の定番曲を演奏するだけでなく、より多くの革新的なパフォーマンスも行なって、人々に気軽で楽しいスタイルで西安鼓楽に触れてもらい、それが好きになってほしい。すでに習ってみたいという人がたくさん出てきて、私たちは鼓楽の継承に希望の光を見いだしている」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)