中国メディアの観察者網によると、韓国では1日付で、2021年には1人当たりの即席めん消費量が最も多い国はベトナムとなり、韓国は2013年以来初めて「王座を譲った」と紹介する報道があった。韓国人からは「プライドが傷ついた」、「負けられない」などの声が出ているという。

インスタントラーメン製造業者を会員とする世界ラーメン協会(World Instant Noodles Association)による2021年の世界即席めん市場消費データによると、ベトナムでは1人当たりの即席めんの年間消費量が世界第1位の87食だったという。

第2位は韓国で1人当たり年間消費量が73食、第3位はネパールで55食だった。2013年から第1位だった韓国は、9年ぶりに「王座を譲った」という。

ベトナムでの1人当たり年間消費量は2019年には55食、20年には72食と増加を続けている。韓国の大手インスタント食品会社の農心の関係者は、ベトナムにおける即席めんの消費増加について「最近は経済成長率が高く、購買力が高まっている」、「新型コロナウイルス感染症の影響で、外食よりも家で食事をしようとする動きが出ているためとみられる」と分析したという。

ベトナムでは即席めんの消費規模も年々増加しており、2021年実績では中国(大陸部)の439億9000万食、インドネシアの137億7000万食に次ぐ世界第3位の85億6000万食だった。

一方の韓国は、1人当たりの年間即席めん消費量が減少しており、2020年には79食だったが21年には73食に減少した。

同ニュースを受け、韓国では「圧倒的な強さで1位になると思っていた。プライドを傷つけられてしまった」「昨年はダイエットのため1回に食べるのは1食分だけにした。2食分ずつ食べるように戻さねば」、「負けるわけにはいかない。今、作っているところだ」などの書き込みが多く寄せられたという。(翻訳・編集/如月隼人)