夏本番を迎え、青海省では青海湖湟鱼(コイ科の1種)の回遊がピークを迎えている。

同省海北蔵(チベット)族自治州剛察県では、群れをなす湟鱼が流れを遡って淡水の河に向かい、そこで産卵し、「河の半分が湟鱼で埋め尽くされる」壮大な眺めを作り出す。湟鱼は学名を青海湖裸鯉(Gymnocypris przewalskii)といい、国家2級保護動物に認定され、青海湖の「水-鳥-魚」生態チェーンの中核をなす生物種だ。新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)