「2021年度深セン市居住者健康白書」が11日に発表された。それによると、深セン市の居住者の平均寿命は83.73歳に達したという。人民網が伝えた。

同白書の指摘によると、深センでは2021年度に乳児死亡率や妊産婦死亡率などのコア健康指標が引き続き好転したとともに、先進国・地域並みの水準を維持した。そのうち乳児死亡率は1.06‰、妊産婦死亡率は10万人に対して1.91人となり、20年度と比較して低下傾向を示したという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)