中国四川省彭州市の竜門山鎮小魚洞社区竜漕溝で13日午後3時半ごろ、山津波が発生し、川辺にいた観光客らが巻き込まれた。

中国メディアによると、山津波発生当時、川では多くの観光客が遊んでいた。14日午前0時までに7人の死亡が確認された。軽傷の3人は入院して経過観察を受けている。

竜門山鎮政府は同日午後2時37分、集中豪雨の気象予報を受け、鎮・村・社区の幹部やボランティアなどを通じて、観光客らに川辺から離れるよう呼びかけていた。

竜漕溝は、SNSでも話題の人気観光地だという。(翻訳・編集/柳川)